パソコンが上達する人と上達しない人の違いは?

回答いただく専門家は、パソコンインストラクターであり、義経ITクラブの代表の森山義章氏です。

パソコンが上達する人と上達しない人の違いについて専門家が回答

20代 会社員 男性からの質問
「最近の若い世代はスマホが便利になった事もあり、パソコンが使えない人も多くなってきています。自分の会社でもパソコンが苦手な人がチラホラいて、たまにパソコンのスキルアップ研修などを行うのですが、上達する気配が無い人と数ヶ月で上達する人がいます。そこで質問ですが、パソコンが上達する人と上達しない人の違いは何でしょうか?」

これまでに700人以上パソコンのインストラクションをしているんですけれども、その中でパソコンが上達しない人と上達する人の違いみたいなものが観察しているとちょっとあります。

まずパソコンが上達しない人というのは、結構多いのが「操作を覚えているだけ」という人が非常に多いんです。操作を覚えようとしているという。実際に覚えているんですけど、操作を覚えているという事はいずれ忘れますので、忘れているという事はそれでもう出来ない!という感じになっちゃうんですよね。基本的に操作を覚えているだけの人に関しては、なかなか上達が難しいです。覚えるという事は忘れたら終わりなので。

他に見ていて思うのは、「何故?と考えようとしない」という事があります。パソコンは「何故?」と考えるのが非常に大事でして、エラーメッセージが出ていたりとか、何かしらトラブルがあった時に「何故こんなメッセージが出ているのかな?」と考える事が非常に大事なんですけど、大概の方は慌ててネットで調べるんですけど、ネットで調べても「どれが正しいのかわからない」「判断出来ない」というのもあったり、「そもそもどう考えていいかもわからない」という感じなんですけど、そういった所で「何故?」と疑問に持つ思考が非常に大事になってきます。そういった事が出来ていない方に関してはなかなか上達しない。

今実際にレクチャーしている方もそうなんですけど、「ネット検索が出来ない」という方です。これちょっと致命的なんですけど、何かしらわからない事やつまづいた時にインターネットで調べるんですけど、その時になかなか求めている情報に辿り着けない例や、「どういう風に検索したらいいのかわからない」など、ネットの検索で情報が引き出せない方がいたりします。そういう方が上達しようと思ってもなかなか難しいかなという感じです。

キーワードで情報を引っ張って来られるというのは非常に大事でして、そういう事が出来ない方も結構いらっしゃいます。ネットで情報を引っ張ってくる事が出来ないと、なかなか習得が難しい、上達が出来ない、なかなか上達しないです。

あと「仮説と検証が出来ない」という事もあります。結構仮説と検証って大事なんですけど、エラーのメッセージが出た時とか、パソコントラブルがあった時に「ひょっとして原因はこうじゃないか?」というような、それが間違っていても良いので推測・推理する。イメージとしては探偵みたいな感じなんですけど、「こうじゃないか?」と推理・推測していく。そして仮説を立てたら実際にそうなのか検証してみる。これが結構出来ない人が多いんですよね。上達している人ってこれが出来るんですよ。自分で「何故?」と考えて、「もしかしたらこうじゃないか?」という事を何個か考えて、そこから考えた事を元に原因を切り分けて、仮説と検証を繰り返して原因がわかって解決する。そういった事が出来ないとなかなか上達は難しいですね。

あと大事な事としては、「気付けない」という方が非常に多いなという事です。
例えばパソコンが上達されない方からの質問で多いのが、操作をするにあたっていろんなボタンを押していくんですけど、その中でボタンを見つける事が出来ないという事です。要するに「こういうボタンがある」事に気付けないという感じなんですけど、気付けないという事はそもそも出来ない。気付けないという事はそういう操作が出来るという所まで行っていないですし、そもそも操作を押せないので「気付けないという事=出来ない」という形になって、結局そういう方はなかなか上達しません。

逆にパソコンが上達する人はどんな人なのかというと、これもさっきの逆になるんですけど、「操作を覚えるのではなくて理解している」という事が非常に大事ですね。結構忘れるのは当たり前なんですよね。僕もそうなんですけど、操作に関しては基本的には覚えてないんですよ。というか暗記しないので。別にしなくても良いですし。

なので、暗記というよりは理解する。例えばWordとかExcelというソフトがあって、バージョンが2013・2016・2019といろいろ出ているんですけど、その中でずっと変わっていない機能と、新しく追加された機能、逆に廃止された機能に大体分かれます。そういう視点でモノを見ていたら「あ、これって前と一緒じゃん」という物が結構あるんです。そういう感じで理解しているかという事が非常に大事でして、そこをしていなければ当然上達してこないですし、自分で広げられない。基本的に教わった事しか出来ないというパターンに陥る。パソコンが上達していない方に、「教わった事しか出来ない」「応用が全く出来ない」という事が非常に多い傾向にあるのですが、それはやっぱり理解していないからなんです。

あとパソコンが上達する人としては、「ネット検索が出来る」という事が非常に大事です。検索キーワードが結構大事なのですが「どういうキーワードで検索したら情報を引っ張って来られるのか」と予想して検索する事が非常に大事です。
ココで大事なのは、単にネットで検索するのではなくて、例えばExcelの設定リセットをしたくてそういうキーワードで検索した時に、どういう情報、ブログの記事のタイトルとかがどういう風に書いているのかという事を、逆に書いている人達を予測してキーワードを選んで検索するみたいな感じで検索すると結構ヒットするんですよね。

日々ブログとかホームページで情報発信している人の立場に立って、こういう感じで解説しているんじゃないだろうかという予測を立ててキーワード検索をする。そうすれば結構ヒットするので、そこから情報を引っ張って来てわからない事とかを調べられるようにという所が…これもなかなか訓練が必要なんですけど、僕も最初はなかなか目的の情報に辿り着けずに終わってしまい、時間だけが過ぎていって全く進まないというような、これ結構よくあるパターンですね。

でもパソコンが上達する人は当然こういう事が出来るので、ネットの検索をする事が出来るという事を目標に置いていただければいいかなと思います。あとは「何故?」と考え込む事に慣れるという事です。日々エラーメッセージが出てきたとしても「何故これが出るんだろう?何の為に出ているんだ?」と疑問にもって、それを元に例えばエラーメッセージを検索してみるとか。エラー番号みたいなものがあって、エラーコードというんですけど。それを検索すると結構出て来るので、それで原因を調べるのも一つの手なんですけど、そういう風に絞っていくと結構見えてきますので、そんな感じで「何故?」という事を日々意識してやっていただければいいかなと思います。

また、「仮説と検証が出来る」という事です。これもパソコンが上達する人によくある特徴です。やっぱり上達する方は仮説と検証が上手くて、自分なりに「多分こういう感じでやっていったら良いのかな?」や「原因としてはこういう事が考えられるな」という予想立てが出来ているんです。

結構多いのが「木を見て森を見ない」という事がよくあるんですけど、木を見るんじゃなくて全体を見た上で「こうじゃないのか?」という予測を何個かポンポンと出せるという事です。これが結構出せない人が多いんです。上達しない方は部分ばかり見ているというか、だから別の発想が生まれないんです。そうなってくるとなかなか仮説と検証が出来ないので、仮説と検証が出来るように日々意識して、「ひょっとしてこういう事が原因でこういう事になっているんだろうな」と推測する事が非常に大事ですね。そういう事を日々いろんな事で癖づけてやったら力も付いて来ます。

このような事もやっていただきつつ、あとはパソコンが上達する人の特徴としては「気付けるかどうか」という所です。これは非常に大事なんですけど、パソコン関係はトラブルが当然出てきます。必ず出て来るんです。トラブルなんて絶対出てきますから、トラブルが出てきた時に気付けるかどうかが非常に大事なんです。

「何故このトラブルがそもそも起きたのか?」という事が大事でして、その時に何かしら自分で「おかしな操作を直前にしていなかっただろうか?」と振り返る事も大事です。「余計な操作をした事によってエラーメッセージが出たんじゃないだろうか?」と気付けるかどうかという事が出来ないと、先ほど言った5つの事が出来ないと、パソコンが上達するのはなかなか難しいかなと思います。
なので先ほどお伝えした5つを意識して日々パソコンに触れていただければ、自ずと上達していくかなという事ですね。

Q.最後にユーザーに向けて自己PRがあればお願いします。

現在金屏風の修理をしている会社があるんですけど、そこからホームページ・ブログなどを経由してWeb集客講座のお話をいただきました。金屏風の修理が出来る会社は日本で4社しか無くて、そのうちの1社から集客コンサルの依頼をいただきました。実際にそういった依頼も来ていますので、集客に付いて詳しく学びたいという場合は義経ITクラブの問い合わせフォームよりお問い合わせください。

専門家のプロフィール
専門家の記事一覧
「​自分のITのスキルで人様のお役に立ちたいと考え、義経ITクラブを開業して日々を送る。」
職種 パソコンインストラクター
社名 義経ITクラブ
役職 代表
名前 森山 義章
サイト http://yosituneit.wp.xdomain.jp/