ファイナンシャルプランナーの起業エピソード「株式会社ベリーライフコンサルタント」

起業エピソード
回答いただく専門家は、ファイナンシャルプランナーであり、株式会社ベリーライフコンサルタントの代表の齊藤 和孝氏です。

Q.学生時代はどんな学生生活を過ごしましたか?

私の学生時代は30年以上前なのですがバブルも始まる前で、本当に今の学生さんの方がよっぽど真面目で、非常に能天気にアルバイトとサークルに現を抜かすと言いますか、そういう体たらくな学生時代を過ごしておりました。

Q.社会人時代はどんな企業で勤めてたんですか?

先物取引と言いまして、証券会社と非常に似ているんですけれども金や穀物ですとか、そういったものを一般の方に投資として勧めるという会社の中で荒削りな営業をやっておりました。

Q.起業した時期ときっかけは何だったんですか?

先物取引の会社にいた時に、会社で「ファイナンシャルプランナーの資格を取ってみろ」と言われて、私を含めて7名くらいの人がFP講座を受けて最初にファイナンシャルプランナーと出会いました。

これが非常に面白いなと感じて。「是非これを仕事にしたい」、そういう風に思って30代半ばくらいから会社を渡り歩きながら、フルコミッションの契約で給料を稼ぎながら時間をかけて起業に至りました。

Q.起業して軌道に乗るまでは苦労されましたか?

サラリーマン時代のお客様でついてきてくださるお客様もいたし、そういう意味では私はラッキーだったんですが、当時ITバブルが崩壊した後に海外の投資が非常に注目を浴びた時がありまして、そういった時に本を書いた事がありました。その本を読んだ方からたくさんのお問い合わせをいただいてお客様も増えて、軌道に乗って今の仕事のベースが出来たという風に思っております。

Q.現在のビジネスモデルは起業当初と同じですか?

ビジネスモデルのベースはあまり変わっておりません。媒体としてはホームページなどを使ってFP協会から問い合わせが来たりとか、あるいはそれぞれのお客様からのご紹介をいただいて、あるいはお客様のライフスタイルが変化した時にまたご相談のタイミングをいただいて…という形でやっています。
その辺のスタンスはあまり変わっておりません。

Q.実際に起業してみて会社員時代と比べて大変でしたか?

ありきたりなお答えかもしれませんが、収入が安定しない。これがやはり一番大変で、上手くいってワーッと稼げる時もあるんですけれど、止まってしまってなかなか収入が思うように上がらない、そんな時期もありますから、その辺のやりくりをしていくのが非常に大変でした。

Q.起業に向いているのはどんな人だと思いますか?

やはり今与えられている環境に満足する事無く、何か常に一歩先へ新しいものを探したいとか、新しい出会いを求めたいとか、そういう意欲のある方ではないでしょうか。

Q.ご自身の新たな夢や目標はありますか?

一人でも多くの方と出会いたい、そして皆がハッピーになれるような…非常に不安定な、不安要素が多い社会ですから、そこを少しでも軽くして出会った方達皆さんと笑顔で人生を送っていけるような、そういう情報を提供できる会社になっていきたいなと思っております。

Q.最後にユーザーに向けて自己PRがあればお願いします。

やはり今の世の中って非常に難しくなってきていると思います。一昔前のように安定した退職金、年金がもう約束されないよと言われている時代になって、一人一人の方が自分の一生に関して真剣に考えなければいけない時代だと思います。

ファイナンシャルプランナーとしての知識や情報が一つでも多くの助けになれるように。そんな思いで仕事をしておりますので、ご縁のある方、ぜひお待ちしております。