結婚カウンセラーの起業エピソード「あおぞらマリアージュ」

結婚カウンセラー
回答いただく専門家は、結婚カウンセラーであり、あおぞらマリアージュの代表の茂木 由理香氏です。

Q.学生時代はどんな学生生活を過ごしましたか?

学生の頃から婚活に興味がありましたので、合コンとか婚活パーティーによく行っていました。1年間に100回くらい合コン、婚活パーティーとかに行くような感じの生活でしたね。もっと勉強すれば良かったかなぁと思うんですけれど(笑)

Q.社会人時代はどんな企業で勤めてたんですか?

やっぱり婚活に興味があったので、婚活系のパーティーのスタッフをやったりとかはしていましたけれど、やっぱり早く結婚したいという気持ちが凄く強かったので、早めに結婚をして専業主婦でちょっとパートでレジ打ちをしたりとか、ちょっと事務の仕事をしたりとかくらいで、あんまり社会人経験というのはそんなに無かったです。

Q.起業した時期ときっかけは何だったんですか?

私は婚活をして一度離婚してもう一度婚活をしたりとかして、婚活経験があったのでこの仕事に興味を持ちやってみたいなと思ったんですけれど、結構周りでもいろいろ悩んでいる方がいたので、そういう方の役に立ちたいと思いまして、唯一自分が出来る事は何かなと考えた時にこの仕事なのかなという風に思って起業しました。約5年前に起業をしました。

Q.起業時のお金はどれくらい準備しましたか?

この仕事って全然資金無しでも出来る仕事ですので。私の場合は本当に全然お金も無く、資金も無し。ずっと専業主婦だったので人脈も無し。あと社会人経験もほとんど無かったので、そのような形で起業したんですけれど、全然お金が無くても起業出来る仕事かなと思います。

Q.起業して軌道に乗るまでは苦労されましたか?

最初の頃はやはりどういう所で集客したら良いのかなという風に悩んでいたんですけれど、お金をかけずに集客をしたいと思っていたので、私の場合はブログをたくさん書きまして、半年くらいした辺りからポツポツ問い合わせが来まして、ブログから集客をしていくような形になりました。
ブログは無料で書けますので、お金をかけずに集客する事も可能なんだなという風に思いました。

Q.専業主婦をしながら起業して大変な事はありましたか?

専業主婦だけだとやっぱり、最初ってそんなにどんどん問い合わせが来るわけでもないので、そんなに特に大変だったという感じは無かったですし、本当に人のお役に立てる仕事で感謝される仕事ですのでやりがいもありますし、少しずつ会員様も増えてきてだんだんちょっとずつ忙しくなるような感じですので、本当に、そんなに大変だった感じは全然無いですけれど、むしろ起業していろんな方のお手伝いをする事によってやりがいも感じて、それで家庭の時間も大事にする事が出来たので、バランス良く働けているかなと思っています。

Q.現在のビジネスモデルは起業当初と同じですか?

最初からもう結婚相談所一本でずっとやってきているんですけれど、最近は結婚相談所として凄く会員様もたくさん増えてきまして、これから結婚相談所を始めたいとか起業したいという方からも相談されるようになってきまして、そういう方からの相談にも乗ったりとかもしています。

Q.起業に向いているのはどんな人だと思いますか?

やっぱり勤めているのと起業するってやはり違いますので、自分のやりたい事、やりがいとか好きな事を出来るというのが起業の一番のメリットだと思っています。
そして会社勤めですと予算をいくら、売上をいくらというような形で無理をしなきゃいけなかったりすると思うんですけれど、自分の会社を起業するので、自分の中でコントロールして働いたり、空いている時間で働く時間をコントロール出来ますし、売上もコントロールしたり出来るというのは凄く起業のメリットだと思いますので、空いた時間で働きたいとか売上もコントロール出来たらなという方にはとても合っているのかなと思います。

Q.ご自身の新たな夢や目標はありますか?

結婚相談所としてずっと今やっているんですけれど、これからは付加価値として、例えば異性から選ばれるためにメイクのレッスンだったりとか、あとはダイエットの指導だったりとか。マナー教室みたいな先生たちとも連携をして、更に充実した婚活が出来るように様々な取り組みを今後していきたいなと思っています。

Q.最後にユーザーに向けて自己PRがあればお願いします。

結婚相談所の仕事は本当にノーリスクで資金もかからずにできますし、空いている時間でやれますので、とっても起業としてはしやすい仕事かなと思います。
興味はあるけれどどうしようかなという方はご相談にも乗っていますので、相談に来ていただければと思います。